インタビューcase.01
インタビューcase.01
インタビューcase.01
インタビューcase.02
インタビューcase.02
インタビューcase.02
インタビューcase.03
インタビューcase.03
インタビューcase.03
インタビューcase.04
インタビューcase.04
インタビューcase.04
インタビューcase.05
インタビューcase.05
インタビューcase.05

香川一ちゃんとしたネイルサロンを。

完全個室や従業員の働きやすさまで考えた店づくりが夢でした。

ひだまりさんのことは「屋島1/100プロジェクト」のときから知っていました。娘が小さい頃だから5、6年前。よく内覧会を見に行っていました。その頃は自宅でネイルサロンをはじめたばかりで、ローンを借りるのはまだ現実的じゃなかったですね。ホームページも時々チェックしていて、何気なく見てたら「あ、屋島!」って。今住んでるのが屋島だし、面白そうだなあと。さらっと繋がっていった感じです。今までも自宅サロンって感じなので、どこかの居抜き物件に入るというイメージではなく、住宅街の中にある団地というのが、お家っぽくていいなと。

リノベーションで惹かれたのはデザインですね。それにもし物件を見つけても、そのあと業者をどう探せばいいのかも分からなかったので、ひだまりさんだと一貫されていて、すべてお任せできるっていうのが決め手ですね。だから、インテリアに関しては信頼してお任せしますって感じですけど、やっぱり施術面やスタッフのやりやすさだったりとか、そこは結構お願いしましたね。うちのお客さんはわりと落ち着いた方が多くて、子育てがもう落ち着いた40代、50代の方も多くいらっしゃいます。お子さんの結婚式に出席するのをきっかけにネイルしてみようかな、とか。カフェもできるんですよね。そしたら、お客さんにコーヒー飲んでいってもらったりもできますよね。完全個室が3つ。リクライニングソファーで。寝ながら出来る感じで。

今、スタッフも一人いるので、その子も働きやすい環境だったりとか、これからネイリストになりたいとか、ウチで働きたいとか、なんか、そういう憧れられるお店になったらいいなと思います。今回、うっちゃんに「借りて賃料を払ってたら、年間でも結構払うことになるしすぐ買えるやん」って勧められて、賃貸ではなく購入することにしました。それに、空間とか従業員の方の働きやすさまで考えて、香川で一番ちゃんとしたネイルサロンにしたいんです。夢ですね、やるからには。お店の名前は「With me nail」。私の下の名前が「つ」に点々で「いづみ」なんですよ。だから「With me」。私と一緒にきれいにネイルしましょう、キレイになろう、という意味で名付けました。

実家は庵治なんですけど、屋島が対面によく見えます。小さい頃住んでいた家は屋島が水平線にあったので、住んではなかったんですけどこの山の形はずっと好きでした。リノベーションが、というよりも、ホントに面白そうやなってことに便乗した感じですね。そこまで深く考えてないかもしれないです。いい意味で。笑 ひだまりさんだとかわいいのが出来ることは知っているから。

お客さんは人生経験の豊富な方が多くて、いつも私がアドバイスをもらったりしています。なのでお客さんの居心地の良さにはこだわりたいですね。リラックスしたりオシャレして来るのが楽しくなる場所にしたいです。

ひだまり不動産RENOWA YASHIMA DANCHI コーポラティブプロジェクト

ACCESS

高松中心街まで自転車通勤できる。近隣には生活に便利な施設が充実。

マルナカ

屋島総合病院

屋島西小学校

●やしま幼稚園

●あすなろ保育園

●市役所屋島出張所

●コープかがわコープ屋島
●セブンイレブン
●小林内科小児科医院
●ファミリー歯科屋島診療所
●ケアセンター屋島西 
●イオン高松東店
●西村ジョイ屋島店

香川県高松市屋島西町2453-20

●高松駅から車で11分 ●高松空港から車で36分 ●潟元駅から車で5分

  • footerNav01.gif
  • Facebook Black Round
  • footerNav04.gif

© 2015 Hidamari Fudosan.