インタビューcase.01
インタビューcase.01
インタビューcase.01
インタビューcase.02
インタビューcase.02
インタビューcase.02
インタビューcase.03
インタビューcase.03
インタビューcase.03
インタビューcase.04
インタビューcase.04
インタビューcase.04
インタビューcase.05
インタビューcase.05
インタビューcase.05

自分だけの好きな暮らしを。

新しい物件よりも、古いものを活かして住むのが私っぽい。

家族で暮らす家をずっと探してはいたんです。新築マンションとか、一戸建てとかいろんなとこ見に行って、最初はいいなあと思って見に行くんですけど、全く気に入らなくて。やっぱり大きい買い物だから気に入るものじゃないと嫌だなあと思っていて。ひだまりさんは以前からいいな、と思っていて。お姉ちゃんがもう小学校に上がってしまってたので、校区内で探してたんです。そしたら、このプロジェクトを知って。え?なに屋島って?私、今屋島に住んでるんですけど!なにこの巡り合わせ?って。(笑)で、見させてもらって、もうここしかない!と決めました。ずっとひだまりさんのHPも見てたし、絶対お任せできると思ったから。なんていうんかな、いくしかない、こんな巡り合わせなかなかないって思って。

この子が人と接することがすごく好きなので、団地だと人とふれ合えるところがいいなと。下に降りたら誰かがいて「なんしよん?どこ行くん?」って。こんなところで、皆で仲良く草むしりとかしたら、すごく喜ぶやろうなと思って。小学校もすごく近いし。これを逃したら私は一生後悔すると思って、応募したんです。

新しい物件の何が気に入らないんだろうと考えたとき、やっぱり、古いものを生かして住むっていうのが私には合ってたので。普段も古道具とかそういうのが好きなんです。新しい家に引っ越したら買いたい飛騨の家具があるんですが、それが似合うのも古い家。私の暮らしはリノベーションじゃないと見つからないなって思っていました。今29才ですが、古いものを生かしてっていうところが、私は一番好きなので。周りでお家買ったりしてる子は、大体みんな新築で一戸建てで。それもいい選択だと思うんです。一から自分の好きなものを築き上げていくのも。でも私としては、なんかしっくりこない。古いものを生かして、自分なりのものを作っていきたいって思っていて…。与えられるのではなく、古さを残しつつ…どうなるんだろう?みたいな期待感があります。人が集うってところもいいし。それに、私はずっと屋島なんですが、たまに、市外とかにもちょっと出てた時期があって、でもまた戻ってきて、ここは暮らしやすいなって思います。環境もいいし、すぐ近く山も海もあるし。私も子どもの頃は色んなところに行ってました。山に行ったり。海で泳いだりで遊ぶ環境もすごくいいし。コープもあるし、いつも買ってる珈琲豆屋さんもあります。


住んでいるのは海の方です。健康ランドのすぐ近く、あの辺りで、で、ずっとここなんですけど。たまに、市外とかにもちょっと出てた時期があって、でもまた戻ってきて、人とのつながりもあるし、とにかく暮らしやすいなって思います。主人は、、、「お前の好きにしたらええよ」と言ってくれています(笑)

ひだまり不動産RENOWA YASHIMA DANCHI コーポラティブプロジェクト

ACCESS

高松中心街まで自転車通勤できる。近隣には生活に便利な施設が充実。

マルナカ

屋島総合病院

屋島西小学校

●やしま幼稚園

●あすなろ保育園

●市役所屋島出張所

●コープかがわコープ屋島
●セブンイレブン
●小林内科小児科医院
●ファミリー歯科屋島診療所
●ケアセンター屋島西 
●イオン高松東店
●西村ジョイ屋島店

香川県高松市屋島西町2453-20

●高松駅から車で11分 ●高松空港から車で36分 ●潟元駅から車で5分

  • footerNav01.gif
  • Facebook Black Round
  • footerNav04.gif

© 2015 Hidamari Fudosan.